チャーミーデンタルクリニック

インプラント

インプラントとは?

インプラントについて

インプラントは、歯を失ってしたときに行う治療の1つです。その方法は、まず失った歯があった部分にチタン製のネジのような形の人工歯根を顎の骨に達するまで埋め込んで安定させた後、その上に人工の歯をかぶせます。
以前は歯を失った場合、ブリッジや入れ歯以外の選択肢はなく、それらは他の歯に影響を与えたり、噛み心地が悪かったりと問題がありました。その点、インプラントは他の歯への影響がなく、本物の歯のような噛み心地であり、見た目も本物に近いです。

インプラントのメリット/デメリット

インプラントのメリット
インプラントのメリットには、以下の4点が挙げられます。

  1. 人工歯根を顎の骨に埋め込みますので、安定感があり、健康な天然の歯と同じようにしっかり噛めますし、味覚も変わりません。
  2. ブリッジや入れ歯とは異なり、隣の歯を削ったり、バネで固定したりする必要はありません。
  3. 本物と歯と区別がつかないほどで、審美性も兼ね備えています。
  4. 素材的に長持ちしやすく、アレルギーが起こりにくいです。

インプラントのデメリット
インプラントデメリットのデメリットには、以下の3点が挙げられます。

  1. 人工歯根を埋め込むために、外科的手術が必要です。全身の疾患のある方は治療できない可能性もあります。
  2. 保険不適用の治療ですので、入れ歯やブリッジと比較すると費用がかかります。
  3. インプラントが感染するインプラント周囲炎は、天然の歯が感染する歯周病よりも進行しやすいです。そのため、長持ちさせるために治療後も定期的に通院し、メンテナンスをする必要があります。

具体的な治療法

治療の流れ

1)治療前の診断、調査

当院でインプラント治療を行う際は、まずむし歯や歯周病の有無を確認するためにレントンゲンや口の中の写真を撮り、噛み合わせの検査も行い、インプラントの治療が可能かを判断いたします。
その後、骨の高さや厚み、神経の位置を確認するためにCT検査をし、そのデータに基づいてシュミュレーションを行い、インプラントの長さや太さを決めます。

2)インプラントの埋め込み

雑菌が付着するような環境で手術を行った場合、インプラントの失敗につながる可能性があります。当院ではインプラントや器具などに雑菌が付着することを防ぐために、完全に滅菌されたインプラントオペ室でインプラントを埋め込む手術を行っています。

3)アバットメント・クラウン装着

インプラント受け込み手術後は2~6ヶ月間、インプラントと骨が結合するまで待ちます。その間は仮歯を入れることもあります。
しっかりと結合したのを確認した後に、連結部分であるアパットメント、人工の歯であるクラウンをかぶせます。

4)治療完了~メンテナンス

インプラントの場合、インプラント周囲炎に感染するリスクに備えることが必要です。
そのため、治療後は3カ月~半年に1度、定期的にメンテナンスのために通院していただき、インプラント周囲の清掃や噛み合わせのチェックを行っております。

インプラントの構成要素+代表的な素材

・フィクスチャー(インプラント体)

フィックスチャーとは、インプラントで用いる人工の歯茎のことです。
チタン製でネジのような形をしており、失った歯があった部分に顎の骨に達するまで埋め込み、人工の歯の土台にします。
直径7~13mm、幅3.5~5mmが一般的な大きさです。

・アバットメット

人工歯茎であるフィクスチャーと人工の歯であるクラウンを連結するのがアパットメントです。
インプラントの強度を高めるために必要不可欠であり、噛み合わせにも影響があり、クラウンを保護する役割もあります。
素材には、チタン、金属合金、ジルコニアがあります。

・上部構造/クラウン(冠)

上部構造ともかぶせ物とも呼ばれるクラウンは、インプラントで用いる人工の歯のことです。噛む力も見た目も天然の歯に近く、しっかりメンテナンスを行えば長持ちします。
素材には、金属、ハイブリットセラミックス、メタルボンド、オールセラミックス、ジルコニアがあります。

治療の時間

インプラント治療では、まず手術前の検査があり、歯茎部分であるフィックスチャーを埋め込む手術を行った後、骨と結合するまで、2~6ヶ月待つ期間があります。
そのため、早くても人工の歯を入れるまで3ヶ月はかかるでしょう。また、その後、定期的なメンテナンスが必要であることも忘れてはいけません。

治療にかかる費用

インプラントと他の治療法との違い

他の治療法との違い

・差し歯

差し歯は、歯の上の部分がむし歯などで失われている際に、残った歯の上に金属やプラスッチクの土台を装着して、人工の歯をかぶせるというものです。
つまり、歯が残っていない状態では使えませんから、失った歯の部分に新たな人工の歯を再生させるインプラントの治療とは前提が異なります。

・入れ歯(義歯)

入れ歯は、失った歯があった場所の型を取って、そこにぴったり合う人工の歯とピンクの歯茎をつくり、それを隣のまだ残っている歯にバネで引っ掛けて装着します。
違和感がありますし、バネを引っ掛けられた歯に負担がかかるため、噛む力が弱まってしまうこともあります。食べ物が挟まることが多く、不衛生になりやすいため、手入れが欠かせません。

・ブリッジ

ブリッジとは、失った歯の両脇の歯を削って土台をつくり、橋のようにして人口の歯を入れるものです。入れ歯よりも自分の歯のように噛めて、見た目も自然というメリットがあります。
しかし、ブリッジは健康な歯を削ることになり、歯周病やむし歯のリスクが高まってしまいます。土台のない歯を支えている両脇の歯への負担が大きく、歯が割れてしまうこともあります。

インプラント 治療実績

インプラント Q&A

1本だけでも治療はできますか?
1本だけインプラント治療を行うことは可能です。特に先天的に歯の本数が少ないという方、事故によって歯を1本だけ失ってしまった方の場合、隣あった歯に悪影響を与えず、修復できるインプラントは最適と言えます。
総インプラントにするメリット/デメリット
総インプラントを希望するということは、大部分の歯を失っている状態であり、よく噛めず、食事も困難なのではないでしょうか。その場合、総インプラントすることによって、自分の歯のようにしっかり噛めるようになり、健康的な食生活が送れるようになります。
デメリットは治療に長い時間がかかり、かなり費用がかかるということ。28本全部で数100万円、場合によっては1000万円以上かかることも考えられます。
治療後のメンテナンスは必要?
インプラントを入れた場合、毎日のケアが不十分で、定期的なメンテナンスをしてないと、インプラント周囲炎になってしまい、インプラントが抜け落ちてしまう危険性があります。
よって、より長持ちさせるために、治療後も定期的に通院し、メンテナンスをする必要があります。
インプラントは骨移植が必要?
骨移植は必ず必要というわけではありません。しかし、インプラントは顎の骨に人工の歯茎であるフィクスチャーを埋め込む必要があるため、骨がそれに耐えられる状態でない場合、骨移植、または骨造成が必要になります。当院では患者さんの血液から作った濃縮血小板を用いたCGFという方法で骨造成を行っております。
医療保険は適応されますか?
インプラントは自由診療であり、健康保険適応外で実費です。しかし、一部の先進医療の認定を受けた施設で行うなら、生命保険の対象になる場合があります。
ほとんどの場合、インプラントは保険ではカバーできないものと思ったほうがいいでしょう。
医療費控除の対象になりますか?
インプラントの相場1本30万円から50万円。さらに、その後のメンテナンスも健康保険対象外ですが、医療控除は受けられます。
医療控除は1年間に掛かった医療費が10万円を超えたときに、金額に応じて還付金を受け取れる制度ですので、確定申告を行えば所得税が戻ってきますし、次の年の住民税が安くなります。
Copyright ©チャーミーデンタルクリニック All rights reserved.